ビタミン欠乏・過剰症

ビタミンの種類 ビタミンの働き

病気と症状 病気を知る
Home > ビタミン欠乏・過剰症
ビタミン欠乏・過剰症

 ビタミン欠乏症 ビタミン過剰症

 ビタミンは、体内の代謝を円滑に進めていくために必要なものですが、わずか数_グラムという微量で足ります。しかし、ホルモンと違い、体内で作ることはできないので、必ず、外から取らなければなりません。もし欠乏すると、いろいろな病気が起こっていきます。

 ● ビタミンの種類
 今まで発見されたビタミンは、20種類以上もあります。ビタミンは、油に溶けるものと水に溶けるものに大別されます。脂溶性ビタミンは、いったん体内に吸収されると、ほとんど体外に排出されません。

 したがって、大量に与え過ぎると、からだの中にあまり過ぎて過剰症を起こします。これに反し、水溶性ビタミンは、過剰に摂取しても尿中に排出されるので、過剰症をおこすことはありません。

 ● ビタミンの働き
 人間を機関車にたとえると、糖質、脂肪、タンパク質は熱を出す石炭であり、ビタミンは潤滑油のようなものだといわれます。潤滑油が不足すると、機械はきしんで動きません。といって、油を必要以上にやっても意味がありません。絶えず少量ずつ与えることが大切だというわけです。

 ビタミンは、全くこの例えの通りといってよいでしょう。体内の代謝の仕組みがだんだんと明らかになり、どのビタミンは、代謝のどの部分で働いているかがはっきり分かってきました。

 ● ビタミン欠乏症
 自然発生的に欠乏症を起こすビタミンは、ビタミンA、D,B1,B2,ニコチン酸およびビタミンCの6つです。
東尾理子さんも愛用!中村江里子さん、インリンさんもオススメ!

ビタミン・ミネラル27種配合
【美的ヌーボ】

美容と健康のために、多くの芸能人やモデルの方が愛飲し、妊活中の方や妊婦さんにも圧倒的な支持を受けているサプリメントです。
 ビタミンK、B6、パントテン酸、葉酸などは、食品中に広く分布し、また、腸内の細菌が、これらのビタミンを腸内で産出するので、それを吸収利用してまにあわせているのです。



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。


Copyright (C)  病気と症状 病気を知る All Rights Reserved