腎臓 腎炎

腎臓病 尿管

病気と症状 病気を知る
Home > 腎臓の病気
腎臓の病気

 腎臓は上腹部後方に、脊椎を挟んで左右に一個ずつある、そら豆の形をした重さ約120cの臓器です。中央のへこんだ部分を腎門と呼び、ここから腎動脈、腎静脈、尿管、神経などが出はいりしています。

 腎臓を縦に割ってみると、外側の皮膚、内側の腎質の二つに部分に分けられ、さらに内側、腎門部に面して扇状に広がった腎盂があります。

 腎臓をさらに細かく顕微鏡で観察すると、糸くずを丸めたような糸球状、これを包むボーマン嚢、これに続く尿細管、その間に間質、血管などの組織からできています。

 糸球体のしくみ
 腎臓に入った腎動脈は、いくつかに枝分かれしたあと、最後に毛細血管になって糸球体を形成します。

 糸球体の血管腔とボーマン嚢腔との間には内皮細胞、糸球体基底膜、上皮細胞があり、この間を通って水分や種々の物質が濾過され、原尿がつくられます。

 尿細管のしくみ
 尿細管は腎臓内を複雑に走行しており、部位によりそれぞれ名称がつけられていますが、最後に集合管となり、腎盂に開口しています。

 ● 腎臓の働き
 糸球体、ボーマン嚢、尿細管をあわせてネフロンと呼びます。ネフロンは両腎あわせて約200万個あるといわれており、このネフロンによって腎臓の主要な機能が営まれています。すなわち、ネフロンは腎臓の機能単位です。

 腎臓のおもな働きは尿を作り、からだに不必要な物質を体外に排泄することです。私たちの体内では細胞の活動に伴って絶えず不要な物質がつくられており、腎臓は尿によりこれらの物質を体外に排泄する役割をはたしています。特に、たんぱく質の分解産物である窒素を含んだ物質が腎臓から排泄されます。

 こうした腎臓の働きには、正常ではかなりの余力があり、たとえ病気や外傷によって片方の腎臓を失っても、いっぽうの腎臓だけで健康人に必要な働きを営むことができます。

 しかし腎臓の働きが悪くなり、こうした余力がなくなると、腎臓はわずかの負担にも耐えきれなくなり、不要な物質も蓄積し、体液のバランスは崩れ、いろいろな症状があらわれてきます。この特に悪くなった状態を尿毒症といいます。

 糸球体の働き
 全身の臓器から集められた血液は、腎動脈から腎臓内に入り、糸球体に達します。糸球体では、血液成分のうち、血球とかたんぱく質など毛細血管の壁を通過できないものを除いた大部分の物質がボーマン嚢内に濾過されます。

 この濾過された液を原尿と呼びます。正常では1分間に約100ミリリットル原尿が濾過されます。原尿の中には、からだに不必要なものばかりではなく、水分、糖分、アミノ酸、電解質など、からだに必要な物質も含まれます。この原尿がそのまま尿として体外に排泄されるのではありません。
 
 尿管の働き
 原尿が長い尿細管を流れる間に、からだに必要な物質は尿細管の細胞の働きによって再吸収され、血液中にもどります。この尿細管での再吸収は自主的に、また生体の要求に応じて行われ、これには下垂体後葉や副腎皮質から分布されるホルモンが働いて調節しています。尿細管では再吸収とともに不必要な物質の排泄も行われ、尿細管を流れる間に原尿とはかなり異なった内容のものになります。その量は原尿の約100分の1、1日約1.5リットル内外です。

 尿路の働き
 集合管を通って腎盂に集められた尿は、尿管から膀胱に入り、さらに尿道を経て体外に排泄されます。このように、腎臓は、尿を通して不要物質を体外に排泄するとともに、からだに必要な物質を再吸収することによって、膠質滲透圧や酸、塩基平衡など体の内部環境を一定に保つという重要な役割をはたしています。
 



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  病気と症状 病気を知る All Rights Reserved