食道 食道炎

噴門けいれん症 食道けいれん症

病気と症状 病気を知る
Home > 食道の病気
食道の病気
 
 食道は、咽頭(のど)の奥から始まり、脊椎の前で気管や心臓の後ろを下行し、横隔膜(胸と腹の境の膜)を通り抜けて右後方から胃に開く長さ約25aの筋肉性の管です。

 食道はふつう、内腔は閉鎖されていますが、食物の通過時には3a平方ぐらいまで広がります。しかし食道は一様の太さに広がるのではなく、生理的に狭いところがあります。
 
 すなわちのどの奥の入口の部分、気管分岐部と交差するところ、横隔膜を通り抜けるところの3か所で、これらの場所は、以前は食道がんのできやすい部分といわれていましたが、必ずしもそうではなく、誤って飲み込まれた異物が引っかかりやすく、また薬物の誤飲による炎症や、腐食、潰瘍のできやすいところです。

 咽頭からえん下(飲み下し)運動によって飲み込まれた食物は、3〜5秒で食道を通過して胃に入ります。食堂にはぜん動運動(波のような輸送運動)と、食道腺から粘液の分泌がありますが、食物の通過を助ける以外にたいした働きはありません。
 



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  病気と症状 病気を知る All Rights Reserved