腸の病気 腸

小腸 大腸

病気と症状 病気を知る
Home > 腸の病気
腸の病気   しくみと働き

 腸は、小腸(十二指腸、空腸、回腸)と、大腸(盲腸、結腸、直腸)に区別されています。

 ● 小腸
 小腸は胃の幽門に続く約6〜7bの長い管で、十二指腸に始まって、空腸、回腸を経て腹腔内を曲がりくねりながら下行し、右下腹部で盲腸(大腸のはじめの部分)に接続します。

 小腸はぜん動運動によって食物を徐々に運搬し、約3〜4時間かかって大腸に運びます。食物はその間にいろいろな消化液の働きを受けて、完全に消化され、吸収されます。
 
 ● 十二指腸
 十二指腸は、胃の幽門から逆「コ」の字形に弯曲して空腸につながる25〜30aの部分で、ここには胆嚢と膵臓から細い管が開口し、消化に重要な胆汁、膵液が送り出されてきます。胆汁は脂肪を乳化して消化しやすくし、膵液は糖質、たんぱく質、脂肪などの消化酵素を含む強力な消化液です。

 ● 空腸と回腸
 空腸と回腸は、腹腔内を曲がりくねりながら下行して盲腸部へ向かいますが、その粘膜の表面には絨毛と呼ばれる無数の小突起が密生していて、小腸の吸収面積を著しく広くするとともに、吸収速度をも速やかにしています。

 絨毛の中には毛細血管やリンパ管が網の目のように張り巡らされ、吸収された栄養分は速やかにとりこまれます。また、絨毛の間には無数の腸線が開口していて、いろいろな消化酵素を含んだ腸液が分泌されます。

 この腸液は、胆汁や膵液とともに食物に働いて、小腸を通過する間に食物の中の糖分、たんぱく質、あるいは脂肪を、それぞれ、ブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸とグリセリンまでに完全に消化し、分解します。

 ● 小腸の運動と調節
 小腸の運動には三種あって、振り子運動と分節運動は腸の内容物をかきまぜ、腸壁とよく接触させて吸収しやすくし、ぜん動運動は内容物を運搬する役目をします。

 小腸の粘液からもいろいろなホルモンが分泌されて、腸の働きを調節しています。セクレチンは膵液や腸液の分泌を促し、パンクレオザイミンは膵液の、コレチストキニンは胆汁の排出を起こさせ、ビリキニンは粘液表面の絨毛の運動を活発にさせます。

 ● 大腸
 大腸は小腸よりもずっと太く、盲腸(先端に虫垂がついている)、上行結腸。横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸に区別され、右下腹部から右上腹部、左上腹部から左下腹部にわたって存在し、直腸の下方が肛門となっています。長さは約1.5メートルあります。

 ● 大腸の働き
 大腸の粘膜には絨毛はなく、腸線からの分泌も粘液(粘液の保護と腸の内容物の通過を滑らかにする)だけで、消化酵素は含まれていませんから大腸では消化は行われません。大腸ではおもに水分(一部ミネラルやビタミン)の吸収が行われ、半流動状の内容から便が形づくられます。

 また大腸内には、正常でも大腸菌や、そのほか多くの細菌が存在し、小腸で消化吸収されなかったものを腐敗、発酵作用によって分解(このときガスを発生)しますが、またビタミン類(葉酸、ピオチン、ニコチン酸、ビタミンB2、パントテン酸など)を作る働きをします。ですから細菌といっても病気を起こすものばかりでなく、このように正常な腸内に常住して健康保持に役立っているものもあるようです。

 なお細菌の働き、その他によって腸管内に発生したガスは、多くは腸壁から血管内に吸収されますが、一部は放屁として体外に放出されます。

 ● 大腸の運動
 大腸の運動には、小腸と同様にぜん動運動と分節運動がありますが、一般に緩慢で内容物は、8〜9時間かかって盲腸からS状結腸に運ばれます。そのほか胃に食物が入ると反射的に起こる大ぜん動があり、これは排便反射を起こす重要な運動です。
 
 腸の運動は、小腸も大腸もともに自律神経で調節されていますが、腸の内容物の機械的刺激や化学的刺激でも影響を受け、さらに精神的な感情の変動によって腸の運動や分泌が高まったり抑えられたりします。
 





こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  病気と症状 病気を知る All Rights Reserved