直腸 肛門

排便 痔

病気と症状 病気を知る
Home > 直腸、肛門の病気
直腸、肛門の病気
 ● 直腸
 大腸の後半の部分は、下行結腸からS状結腸を経て直腸へと移行します。つまり、直腸は、大腸の下端、肛門の上方にある約15aの部分です。その上半分は骨盤内(女性の場合では膣の後ろ側)で仙骨、尾骨の前側に位置します。直腸の下半分は、内腔が広くなっているため直腸膨大部と呼ばれます。

 直腸の働きは、上方の結腸内からぜん動によって下降してきた便を直腸膨大部に一部ためておくことです。
 
 ● 肛門
 直腸最下端部の内面の壁には、ちょうどきんちゃくの口元を絞ったように縦のひだが何本か走っていますが、これより下の約3aあまりの管状の部分が肛門(肛門管)です。

 肛門管は、上から3分の1の付近で直腸の粘膜が肛門の皮膚に移行しています(移行部は、波形の境として見えるので歯状線と呼ばれる)。この皮膚は、外から見える肛門口まで続いており、薄く柔らかく、伸展性に富んでいます。

 そのため、排便の際、かなり太い便柱でも通過することができますが、あまりかたい大きなふん塊が押し出されると裂けて痔裂(きれ痔)を生じます。なお、この部分の皮膚は、体表の皮膚と違って毛は生えておらず、汗を出す汗腺もありません。

 直腸と肛門の境い目付近の粘膜下には、細い静脈が網の目状に走っています(静脈叢)。この静脈叢が何らかの原因でうっ血すると痔核(いぼ痔)の発生を促します。

 ● 排便のしくみ
 肛門管部の粘膜、皮膚の外側は二重の肛門括約筋で囲まれています。内側の筋肉(内肛門括約筋)は直腸壁の輪状筋が厚くなったもので、不随意的(意思によらないで)に働きます。外側の筋肉(外肛門括約筋)は筋の束も太く、内括約筋を外から包んで、随意的に働きます。

 普段は、主として内括約筋の働きで肛門管は閉ざされており、直腸膨大部にたまった便やガスは無意識のうちの外部に漏れ出ることがありません。

 歯状線付近には微妙な感覚があると考えられ、そのため、直腸膨大部からこの部分に下降してくる内容物が流動物か固形物か、あるいはガスであるかを自律的に識別でき、それに応じて括約筋の収縮の度合いが調節されます。

 そのおかげで、ふだん粗相をしないで過ごせるわけです。肛門の手術のあと、下痢をしたときにうっすら漏らしてしまうことがありますが、これは手術の不手際でこの部分を傷害したためだそうです。

 便、ガスの圧力が40〜60_水銀柱圧ほどになると便意が生じ、そこで意識的に外肛門括約筋が緩められ、それとともに内肛門括約筋も自然に緊張が弱まって、腹圧を加えると排便が起こります。こうして排便が終わると内・外肛門括約筋は再び収縮します。
 



こちらのサイトは情報提供の場として行っていますので、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。 サイトの内容につきましては、自己責任によりご利用下さい。また当サイトで生じた一切の損害や負傷、その他についての責任は負いかねますので御了承くださいますようお願い致します。



Copyright (C)  病気と症状 病気を知る All Rights Reserved